{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

写真集『Undine / ウンディーネ』

¥2,450 税込

送料についてはこちら

水の精Undine(ウンディーネ)は魂を持たない。魂を持つこととは一体何なのか。それはもしかしたら無色透明の水が無限の色彩をその身に浴びることなのかもしれない。運命をドラマティックにまとい、水面にゆらぐ裸体。ロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、ハンブルク、大阪、東京 - 時間と空間の旅を続ける写真家が世界7都市で捉えた水の表層の鮮やかさの瞬間。魂を持つことになったウンディーネのもう1つの物語。 ー タイナカジュンペイがとらえるすぐそばにある世界は、 美も醜もすべて耽美に感じさせる独自性に満ちている。 行定勲(映画監督) ー 何もかもが明らかになってくる、明らかにすることができる現代において、空想や創造性というのが、ひょっとしたら狭まっていないだろうか。そんな今だからこそ幻想や目に見えない存在や世界へ想いを向けるべきだと思います。そして、それらを表現するために、カメラまたは写真というある意味では絵よりも明らかにする道具や技法を用いることは、写真またはカメラの誕生から今までにおいて、一番ふさわしい時かもしれません。 表紙の写真が、2021年16th Black & White SPIDER AWARDS(米国・カリフォルニア・ビバリーヒルズ)のプロフェッショナル部門のアブストラクト(抽象)にて優秀賞を受賞しました。 Undine (サイン付) 言語:英語/日本語 A4判変型・並製・32ページ 発行 アトリエサード 発売 書苑新社 2020年7月発売 送料込の値段 Undine The water spirit Undine has no soul. What exactly is having a soul? Maybe something like dissolving infinite colors in colorless and transparent water on all occasions. A naked body that dramatically wears fate and sways on the surface of the water. London, Paris, Berlin, New York, Hamburg, Osaka and Tokyo - the moment of vividness of the surface of water in seven cities around the world, captured by a photographer who continues his journey in time and space. Another story of the original Undine (Friedrich de la Motte Fouqué 1811), now with a soul. - Jumpei Tainaka captures the world right next to us which is full of uniqueness that makes all beauty and ugliness feel aesthetic. Isao Yukisada (Film director) - In the present-day world where everything becomes clear and can be revealed, fantasy and creativity may be narrowed down. That's why I think it’s high time for us to turn our thoughts to fantasies, invisible beings and the unseen world. And I believe now is the best time since the birth of camera or photography to express those things with using such instruments or techniques that can reveal more clearer than paintings. Undine (signed) Language: English / Japanese Product Dimensions : 19.9cm x 29.7cm, 32 pages 500 copies only Published by Atelier Third