{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

The lament of Eurydice

80,000円

送料についてはこちら

Hamburg GERMANY 2021 150 x 225mm Hahnemühle Baryta・Kaffee染色 Edition 1/5 Edition 2/5 Edition 3/5 Edition 4/5 Edition 5/5 ハデスで彼女はきっと踊っていた。オルフェウスの歌を歌っていたに違いない。現実からのGood Riddance。命の枷から解き放たれて、ハデスで生きる。忘れられない限り、彼女はハデスで存在を放ちながら生きる。まさかオルフェウスがハデスを旅するとは思っただろうか。「あなたならやりかねないわね」「本当に生きながらにしてくるなんて」 ー エウリュディケが、オルフェウスの些細な焦りのせいで、ハデスから逃れられなくなってしまった瞬間の、彼女の表情はどんなだったろう。「でも、きっとそういうところがあなたらしいのよ、またね」と微笑んでいたかもしれない。絶望したオルフェウスの非業の死は、凄惨だが、死して生きることのできるギリシア神話における命の神秘は、その後エリュシオンの地で、再会を叶える。どれほどの幸いだったろうか。永遠の牢獄か楽園か、彼女とともに愛を奏でられることが。何千年の果てに、いまだ語り継がれるオルフェウスとエウリュディケの物語。 だが、しかし悲嘆にくれる彼女の姿もあったはずだ。

セール中のアイテム